読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ないものねだり

ずぶずぶと沼に美しいは正義。

プチ同窓会で再会したいジャニーズ5選




この間小学校の同級生と約10年ぶりに会ってご飯食べたんだけど普通に、ね、ドキドキとかそんなものはなくて普通に楽しくて盛り上がった。誰も変わってないし淡い恋心もクソもない。現実を目の当たりにしたんだけどここでもし樹がいたら…とかしょーもないこと考えちゃったから書かせてくれ。わたしの頭の中見せちゃおうスペシャル(見たくないとか言わないの)
設定的には小学校の同級生(仲の良かった女の子)と成人式で再会してLINE交換したのちにクラス会(少人数)を開くんだけど誰が来るのかは知ってたり知らなかったり…場所と時間はちゃんと教えてもらう。






田中樹

我らが爆モテDKじゅったんがこないわけないじゃんね、ぷぷ。待ち合わせは地元の焼き鳥屋19時集合でメンバーは女3男3でなんか合コンみたいになる。しかも男3は8分の遅刻で10分以内は遅刻じゃねーからとかわけわかんないこと言って入ってくる。男チームはいつも男で集まってるから女の子がいることに変に緊張しててひたすら昔話をするも緊張で盛り上がりに欠けるからちょー飲む。じゅったんは30分で出来上がる。変に気取らないで昔みたいに男女平等に話し振り始めて昔みたいにみんなの中心にいるのね。2軒目行った時点で声も大きいし『ほんとあれ、綺麗になったな』とか言い始めてうるさいしそれに対してそうでしょとか言うと『お前は違う、黙って』とか言って漫才してるみたいになるのね、じゅったん好き。いつのまにか日付またいでてみんなで歩いて帰るんだけど自分はほろ酔いくらいでみんなの後ろを1人で歩いてたらじゅったんが隣にそっときて『まあ、お前も綺麗になったんじゃない?』つってね。照れて顔赤くなってたら照れんなとか言ってね。じゅったんに落ちたい







森田美勇人

華の95年組(勝手に命名)美勇人はきっと大学生になってるだろうから都内集合だね。渋谷の路地裏にある古民家を改装した居酒屋に18時30分男2女3で。時間前にきててそわそわしてる。遠くからでもシルエットで美勇人ってわかるんだけどなんかオシャレなデザインの服着ててとりあえず真っ黒でスタイリッシュ。お店の前に居たからとりあえず入る?ってなって一緒に入るんだけど向かい合って座ってたらチラチラ見てくるからどうしたの?って言ったら『ひさしぶりだからきんちょうするなーって』おいおい可愛いやないかと思ってたらみんな来てホッとしてて可愛い。とりあえずロシアンたこ焼き(6個中1個中身全部カラシ)食べるんだけどまあ美勇人が当たるよね。『からい、おみずちょうだい、ねえ、ほんと、おねがい』とか言われたーい♡絶対可愛いじゃーん♡ひたすら美勇人をいじる会になってて当時ドッジボールで顔面当たって泣いた話とかリレーで靴脱げて泣いた話して顔赤くしてほしい。そんなこんなで盛り上がって22時解散。帰りの電車でやっとグループラインを作る。居酒屋で美勇人の斜左前に座ってた女子がロシアンたこ焼きの動画載せるから1人でニヤニヤして帰りたい。







松村北斗

お気付きでしょうか、今回またしても華の95年組。中目黒の個人経営店(イタリアン)20時男3女3ね。ほくほくは当時メガネかけて大人しい男の子だったんだけど今どうなってるのか気になって、ふざけ半分で聞いたら来たパターンらしい。女子グループが先に着いたから待ってたらすぐに男子グループも着いたんだけどあれ…なにこのイケメン…クールビューティーってか美人…え…?ってなってたら男子が『ほら、あいつだよ!メガネかけててちっちゃかった松村北斗』って言って絶句。気まずい顔してあーめんどくせ、来なきゃよかったって顔してくれたら最&高。最初全く喋らないのにお酒入ってきたら超毒舌になって男子に対してのツッコミが『ばかじゃねーの』『ほんとくだらない』連呼なくせにときより笑顔をみせる天使。耳に髪の毛かける黒髪天使。毒舌なくせにいじられてもオイシイと思ってそう。最後にみんなで写真撮るときにピースしてるんだけど首かしげてるから誰よりも可愛くて完全なる敗北。帰宅してからグループラインに【おつかれ】くらいしか送らないくせに男子の幹事には【また予定決まったら教えて】とか送ってたらんんんんんんんんんほくほく可愛いいいいいいツンデレだねええええええ






岸優太

これはもう外せない。地元の友達が働いてる新しくできたチェーン店の居酒屋に男4女3で19時集合。時間とお店何回も確認してるのに間違えてくるやつね。結局駅まで迎えに行くんだけど『あれ、○○さんっすか?え、まじっすか?超大人っすね!』同い年なのに変な敬語使ってくるの変。しかも待ち合わせに遅れたことは謝らない。みんなから遅いって文句言われたら『ばっか、主役は遅れて登場だろ』って主役じゃないだろ…君は二番手でこそ輝く逸材なんだ。そして彼の発言に誰も触れないからしゅんとしてるからの生一つを大きい声で注文する。声でかいから!!黙って!!乾杯の音頭はもちろん岸くんなんだけどまあね、グッダグダだよね、すごいキョロキョロするし、隣の男子に助け求めるも無視されてて不憫で可愛いのを観察してたいし見てるなら助けてくださいよ〜って言われたい。なんだかんだ話してたら可愛い可愛い彼女の話しして欲しいし裏切られた気分になりたい







藤原丈一郎

当時同級生から莫大な支持を受けていた丈ちゃん。関西からの転校生でひょうきんな丈ちゃん。男6女4で18:30地元の駅集合なんだけど当時から仲の良かった男友達と2人で来てて漫才でしかない。けど猿から人間になってて感動する。丈ちゃんなんかめっちゃ背伸びてるし…でも喋ると何も変わってない。『もちろん音頭はこの私藤原丈一郎がつとめさせていただきます』変な日本語で変な乾杯しそう(笑)応援団長で優勝できなくて悔しいくせにみんなの前では『ほんまありがとう!めっっっちゃ楽しかったわ』って言ったのに裏では男泣きしてて熱い男だったな〜なんて思い出したりしてね。酔っ払ったら彼女出来ないしか言わなくてなんでやと思う?とか詰め寄ってきたところで時間になって外に出ると帰り道に『見る目ないやつ多すぎや』って騒ぎ立てて電柱に抱きつく。でも純愛がいいんだって本当に好きなことしか付き合いたくないって聞いてキュンとしたい。丈ちゃんは私を好きになればいいよ。




 


結論的に華の95年組だけになってしまった。某J誌にてじゅったんが女友達にご飯を奢るって言っててたまらんかった。私の思い描く田中樹像でしかなくてさすがじゅったんだね好き。ちなみにその女友達は前世にどんな得を積んだの?誰か…教えて…く…れ……